SSH接続ファイルで多段RDP接続

★★★ イベント情報 ★★★
◇【参加登録受付中】Kong Summit, Japan 2022◇
今年は12月15日に開催決定!最新情報とデモとともにKongと事例/ユースケースのご紹介などAPIエコノミーやマイクロサービスに関心のある開発者の方にとっては必見です。ぜひお申し込みください!イベントの詳細・お申込はこちら

★★★ Live配信告知 ★★★
◇11月29日開催 19:00~ 世界一わかりみの深いクラウドネイティブon Azure◇
テーマは「Web App for ContainersとKeycloakで最速OpenID Connect」です!

◇11月30日開催 17:00〜 知ってると ちょっと便利なコマンド集◇
知っていると少し効率の上がるようなコマンドをいくつかご紹介します!

こんにちは。サイオステクノロジーの木村です。

テレワークが推進される中、在宅での仕事でポートフォワードをする機会が増えている人もいるのではないでしょうか。
ポートフォワードで多段接続する場合、何度もsshコマンドを入力するのは面倒ですよね。
そんな時は.ssh/config(SSH接続ファイル)を使うととでも便利です。
今回は以下のように踏み台を2つ経由してRDP接続をする方法を例にご紹介します。

上記の構成の接続をするためには、.ssh/configに以下のように記載します。

・踏み台Aへの接続設定
Host   hostA
 HostName   <hostAのアドレス>
 User           <hostAのユーザー名>
 IdentityFile  <hostAの鍵>

・踏み台Bへの接続設定
Host   hostB
 HostName   <hostBのアドレス>
 User           <hostBのユーザー名>
 IdentityFile  <hostBの鍵>
 ProxyCommand  ssh -W %h:%p hostA
 LocalForward  13389 <Windowsサーバーのアドレス>:3389

※proxyCommandを指定するとSSHコマンドを実施する前にproxyCommandで指定してコマンドを実施し、標準入力を開きます。以降のSSHコマンドはその標準入力経由で行われます。そのため、上記のように設定すると、踏み台Bへ接続する前に、踏み台Aへ接続して標準出力にて踏み台Bに接続することができます。
※LocalForwardにて、13389ポートにWindowsサーバーの3389ポートを飛ばすよう設定します。

<例>

上記の設定をした上で、以下のコマンドを実行します。

$ ssh -fN hostB

あとは、RemoteDesktopでlocalhost:13389ポートに接続すると、Windowsサーバーに接続することができます。





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

2人がこの投稿は役に立ったと言っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


質問はこちら 閉じる