さくっとすぐに始めるAWS Elastic Beanstalk入門

★★★ イベント情報 ★★★
◇【参加登録受付中】Kong Summit, Japan 2022◇
今年は12月15日に開催決定!最新情報とデモとともにKongと事例/ユースケースのご紹介などAPIエコノミーやマイクロサービスに関心のある開発者の方にとっては必見です。ぜひお申し込みください!イベントの詳細・お申込はこちら

★★★ Live配信告知 ★★★
◇11月29日開催 19:00~ 世界一わかりみの深いクラウドネイティブon Azure◇
テーマは「Web App for ContainersとKeycloakで最速OpenID Connect」です!

◇11月30日開催 17:00〜 知ってると ちょっと便利なコマンド集◇
知っていると少し効率の上がるようなコマンドをいくつかご紹介します!

こんにちは、サイオステクノロジー技術部 武井です。今回はAWSで簡単にWebアプリが実行できるElastic Beanstalkをやってみたいと思います。詳しいことは抜きにして、サクッと動かすことを目的としております。

Webアプリケーションを実行する手段は昨今色々ありますね。オンプレミスのWebサーバー、EC2、LambdaやEKSなどの2Dockerコンテナオーケストレーションツールなどなど。

その中でも、今までと同じような感覚で一番サクッとWebアプリを動かすことができるのが、Elastic Beanstalkかと思います。

Elastic Beanstalkの特徴は、アプリケーションを実行するミドルウェアやOSは既にAWS側で用意されており、開発者はコードさえアップロードすればWebアプリケーションを動かすことができる点です。今までのように、ApacheやNGINXなどのWebサーバー、Tomcatなどのアプリケーションサーバーをインストール・設定する必要はありませんし、ロードバランサーによる負荷分散・オートスケールもお任せです。

EKSやLambdaなどももちろんサクッとWebアプリケーションを動かすことが出来ますが、従来のWebアプリケーション開発とはちょっと異なる視点やアプローチが必要になるので、学習コストが大変です。

その分Elastic Beanstalkはその上で動作するWebアプリケーションの開発方法は従来と同じでいいので、今までの知識を活かすことが出来ます。

ということで、サクッと動かしてみたいと思います。

まず、Elastic Beanstalk上で動かすアプリケーションを作成しましょう。今回はPHPで作るものとします。以下のコードを書いて、ZIPで圧縮しておいて下さい。

<?php
echo "hoge";
?>

次にAWSのマネジメントコンソールにアクセスしてみます。以下のように検索用のテキストボックスに「elastic」 と入力すると、「Elastic Beanstalk」というのが表示されるので、それをクリックします。

Screen Shot 2019-09-16 at 16.06.18

 

右上の「新しいアプリケーションの作成」をクリックします。

Screen Shot 2019-09-16 at 16.32.40

 

アプリケーション名に適当な名前を入力して、「作成」をクリックします。

Screen Shot 2019-09-16 at 16.07.25

 

画面右上の「アクション」→「環境の作成」をクリックします。

Screen Shot 2019-09-16 at 16.36.49

 

今回Webアプリケーションを作りますので、「ウェブサーバー環境」をクリックします。

Screen Shot 2019-09-16 at 16.08.01

 

「環境名」に適当な名前を入力します。

Screen Shot 2019-09-16 at 16.08.18

 

ちょっと画面を下にスクロールして、「事前設定済みプラットフォーム」で「PHP」を選択します。そして、もうちょっと下の「コードをアップロード」のところの「アップロード」のボタンをクリックします。

Screen Shot 2019-09-16 at 16.10.48

 

「Choose File」をクリックして、先程ZIPで圧縮したPHPのソースコードを選択します。

Screen Shot 2019-09-16 at 16.10.30

 

「環境の作成」をクリックします。

Screen Shot 2019-09-16 at 16.10.48

 

以下のような画面が表示されます。しばらくかかりますので、気長に待ちましょう。Screen Shot 2019-09-16 at 16.11.03

 

しばらくしてから、Elastic Beanstalkのトップ画面に行くと、以下のように新しいアプリケーションと環境が出来上がっているのが確認できると思います。環境のアイコンをクリックして下さい。

Screen Shot 2019-09-16 at 16.24.16

 

以下のように「ヘルス」が「OK」になっていれば環境は無事作成出来ています。ちっちゃくて見にくいですが、「URL」と書いてある部分が、アプリケーションのアクセス先URLです。それをメモります。

Screen Shot 2019-09-16 at 16.24.39

 

以下のURLにアクセスして下さい。

https://[先程メモしたURL]/hoge.php

ブラウザに「hoge」と表示されれば成功です。

いかがでしたでしょうか?Webアプリケーションを立ち上げるのに、10分とかかりませんでした。超簡単ですね。Elastic Beanstalkバンザーイ。





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


質問はこちら 閉じる