ASP.NET CoreのDependency Injection 〜 【その2】色んなDIの方法 〜

★★★ Live配信告知 ★★★

Azureでクラウドネイティブな開発をするための方法について、世界一わかりみ深く説明致します!!複数回シリーズでお届けしている第8回目は、「次世代サーバーレスアーキテクチャDurable Functions」と題しまして、サーバーレスアーキテクチャのさらに次を行くAzureのサービス「Durable Functions」を扱います!!
【2021/11/26(金) 12:00〜13:00】

こんにちは、サイオステクノロジー技術部 武井です。前回に引き続き、今回はいろんなDIの方法を書きます。

その1

以前ご紹介した方法は、以下のようにジェネリックの第1引数にインターフェース、第2引数にその実装クラスを指定しました。

以下のような書き方も可能みたいです。

上記のクラスは、別に何らかのインターフェースを実装している必要はなく、普通のクラスでOKです。この場合、[クラスの型]をnewしたインスタンスがDIコンテナに登録され、スコープはSingletonになります。この書き方を実践したソースコードのサンプルは以下のとおりです。

ビュー(index.cshtml)は以下のとおりです。

実行結果は以下の通りとなります。

さくっと何かのクラスのインスタンスをDIしたいときにこういう記述が役に立つのだと思います。

その2

その1の記述は以下のように記載することも出来ます。

先程の「こんにちは世界」のソースコードにて、HelloWorldをDIする部分を上記の書き方で実現するためには、以下のようになります。

もっと省略した書き方は以下のようになります。





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

3人がこの投稿は役に立ったと言っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*