WindowsでRabbitMQ

★★★ Live配信告知 ★★★

Azureでクラウドネイティブな開発をするための方法について、世界一わかりみ深く説明致します!!複数回シリーズでお届けしている第8回目は、「次世代サーバーレスアーキテクチャDurable Functions」と題しまして、サーバーレスアーキテクチャのさらに次を行くAzureのサービス「Durable Functions」を扱います!!
【2021/11/26(金) 12:00〜13:00】

こんにちは。サイオステクノロジー技術部 武井です。今回は、WindowsにRabbitMQをインストールしてみます。対象OSはWindows Server 2016になります。

erlnagのインストール

RabbitMQはerlangという言語で動いております。なので、まず、erlangをインストールします。erlangのダウンロードサイトにアクセスします。

https://www.erlang.org/downloads

Windowsc64-bit Binary Fileをダウンロードします。

Screen Shot 2018-02-27 at 10.00.33

 

ダウンロードしたインストーラーを実行すると以下の画面が表示されます。「Next」をクリックします。

Screen Shot 2018-02-27 at 10.18.06

 

デフォルトでよかです。「Next」をクリックします。

Screen Shot 2018-02-27 at 10.18.18

 

こちらも特に変更する部分なしです。「Install」をクリックします。

Screen Shot 2018-02-27 at 10.18.27

 

Visual C ++の何かのインストール画面が表示されます。迷わず「Install」をクリックします。

Screen Shot 2018-02-27 at 10.18.57

 

しばらくすると終わります。「Close」をクリックします。

Screen Shot 2018-02-27 at 10.19.15

 

そして、さらにしばらくするとerlang本体のインストールが完了します。「Close」をクリックします。

Screen Shot 2018-02-27 at 10.24.32

 

RabbitMQのインストール

準備は整ったので、いよいよRabbitMQのインストールです。以下のダウンロードサイトにアクセスします。

https://www.rabbitmq.com/install-windows.html

 

BintrayとGitHubの両方からダウンロードできます。どちらでもOKです。

Screen Shot 2018-02-27 at 10.30.55

 

ダウンロードしたインストーラーを実行します。デフォルトのまんまでよいです。「Next」をクリックします。

Screen Shot 2018-02-27 at 10.31.21

 

こちらも特に変更する必要はないかと。「Install」をクリックします。

Screen Shot 2018-02-27 at 10.31.31

 

終わりです。「Finish」をクリックします。

Screen Shot 2018-02-27 at 10.32.54

 

管理画面にアクセスするための設定

いくつかのプラグインを有効にして、管理画面にアクセスできるようにします。

しかし、一つだけ罠があります。私の環境では、erlangのインストールパスを表す環境変数を修正しないと、プラグインが有効になりませんでした。

Windowsの環境変数を見てみます。

Screen Shot 2018-02-27 at 10.59.35

ERLANG_HOMEが「C:\Program Files\erl9.2」になっています。これを以下のように修正します。

Screen Shot 2018-02-27 at 11.01.46

「%ProgramFiles%\erl9.2」としました。前のまんまだと、スペースがうまく読み込めないんでしょうか?

いよいよ、プラグインを有効にします。コマンドプロンプトで以下を実行します。

cd C:\Program Files (x86)\RabbitMQ Server\rabbitmq_server-3.7.3\sbin
C:\Program Files (x86)\RabbitMQ Server\rabbitmq_server-3.7.3\sbin>rabbitmq-plugins.bat enable rabbitmq_management
C:\Program Files (x86)\RabbitMQ Server\rabbitmq_server-3.7.3\sbin>rabbitmq-plugins.bat enable rabbitmq_shovel
C:\Program Files (x86)\RabbitMQ Server\rabbitmq_server-3.7.3\sbin>rabbitmq-plugins.bat enable rabbitmq_shovel_management

以下のURLにアクセスします。

https://[RabbitMQ ServerのFQDN]:15672/

以下の画面が表示されます。guest/guestでログインが出来ます。
Screen Shot 2018-02-28 at 8.15.42

以下の画面が表示されれば成功です。
Screen Shot 2018-02-28 at 8.15.59

OK!(`・ω・´)シャキーン





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

1人がこの投稿は役に立ったと言っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*