Azure AD 機能紹介 動的なグループメンバーシップの設定

こんにちは、サイオステクノロジー 荒俣です。
ADでは、グループ単位での権限管理をよく行いますが、グループに属しているメンバーの管理はユーザ毎に制御しなければならず、時間をとられてしまいます。(一人、二人ぐらいならば、問題ないですが、人事異動、組織改編などで大人数が変更されると、、)

いい方法を探していたところ、ADではありませんが、Azure ADに「動的グループ」というグループ種別がありましたので紹介させていただきます。

動的グループとは

「動的グループ」はユーザの属性情報を参照してメンバーを自動登録、削除してくれるグループです。
属性情報でのメンバー制御が可能になれば、ユーザ追加時や更新時にキーとなっている属性を更新するだけで、グループの更新が可能になります。
※「動的グループ」を使用するためには、Azure AD Premiumライセンスが必要になります。

設定方法

設定方法は、グループ作成時にメンバーシップの種類を「動的ユーザ」を選択します。
その後、メンバーシップ条件を指定してください。
グループ管理に有用であるユーザの属性情報は以下の通りになります。もちろん、そのほかの属性、拡張属性も条件に指定できます。

proxyAddresses任意の文字列値または nullユーザーのプロキシメールアドレス

ユーザ属性 比較条件 説明
userPrincipalName 任意の文字列値 ユーザ名
displayName 任意の文字列値 表示名
companyName 任意の文字列値または null 会社名
department 任意の文字列値または null 部門名
jobTitle 任意の文字列値または null 職名
mail 任意の文字列値または null ユーザーの SMTP アドレス
mailNickName 任意の文字列値 ユーザーのメールエイリアス

また、使用できる主な演算子としては以下の通りになります。

演算子 説明
-eq 指定した文字列と属性値が一致した場合、メンバーとする
-ne 指定した文字列と属性値が一致しない場合、メンバーとする
-startsWith 指定した文字列が属性値の先頭だった場合、メンバーとする
-notStartsWith 指定した文字列が属性値の先頭ではない場合、メンバーとする
-contains 指定した文字列が属性値に含まれている場合、メンバーとする
-notContains 指定した文字列が属性値に含まれていない場合、メンバーとする

また、複数の条件を指定する場合は、以下の接続子を使用します。

接続子 説明
–or どちらかの条件が満たされていれば、メンバーとする
-and 両方の条件を満たされていれば、メンバーとする

メンバーシップ条件例

ここでいくつかの条件例を上げさせていたできます。

メールアドレスが「test」で始まるユーザを格納するグループ
条件式: (user.mail -startsWith “test”)

部門名が「SE」でかつ、ユーザ名が「test」で始まらないユーザを格納するグループ
条件式: (user.department -eq “SE”) -and (user.userPrincipalName -notStartsWith “test”)

最後に、、

今回は、「動的グループ」について紹介させていただきました。
この「動的グループ」のメンバー条件はAADCで同期されたユーザにも有効ですので、同期をしている場合、ローカルの属性情報を更新すれば、グループ情報に反映されます。
こうやって、作成したAzure AD グループでアプリケーションアカウント共有を行えば、アカウント管理の手間は大きく省けれと思えました。

ご覧いただきありがとうございます! この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった

Be the first to comment

コメント投稿

Your email address will not be published.


*