nginx 1.13.5 リリース

2017年9月5日に nginx 1.13.5 が公開されました。本記事ではこのリリースバージョンに関する変更点をご案内します。

nginx 1.13.5 のリリースでは ssl_client_exxcaped_cert が追加された他、バグ修正が中心に変更が行なわれています。以下にリリース内容の参考訳を記載します。

nginx 1.13.5 リリース内容

  • 機能追加:$ ssl_client_escaped_cert 変数の追加
  • バグ修正: “ssl_session_ticket_key” ディレクティブと “geo” ディレクティブの “include” パラメータはWindowsでは動作しませんでした。
  • バグ修正:複数の範囲で4ギガバイトを超えるリクエストをしたときに、32ビットプラットフォームでは誤ったレスポンスが返されました。
  • バグ修正:キャッシュなしのプロキシを使用した場合、 “expires modified” ディレクティブと “If-Range” リクエストヘッダ行の処理では、最後の変更時の応答は使用されませんでした。

 

Changes with nginx 1.13.5                                        05 Sep 2017

    *) Feature: the $ssl_client_escaped_cert variable.

    *) Bugfix: the "ssl_session_ticket_key" directive and the "include"
       parameter of the "geo" directive did not work on Windows.

    *) Bugfix: incorrect response length was returned on 32-bit platforms
       when requesting more than 4 gigabytes with multiple ranges.

    *) Bugfix: the "expires modified" directive and processing of the
       "If-Range" request header line did not use the response last
       modification time if proxying without caching was used.

Be the first to comment

コメント投稿

Your email address will not be published.


*