組織でMicrosoft Teamsの利用を制御する方法

こんにちは。サイオステクノロジーの小川です。​​

今回は組織でMicrosoftのTeamsを利用するまでに必要な手順のTipsを紹介します。
組織でTeamsを利用可能にするためには以下の 2 つ設定されている必要があります。​

  • ユーザーにTeamsのサービスが有効なライセンスを割り当てる
  • Microsoft365管理センターでMicrosoft Teamsが有効になっている

 

ユーザーにTeamsのサービスが有効なライセンスを割り当てる

ユーザーにTeamsのライセンスを割り当てるにはMicrosoft365管理センターで割り当てることが可能です。​
「ユーザー」->「アクティブなユーザー」でライセンスを割り当てるユーザーを選択し、Teamsのサービスを有効にします。​

Microsoft Azure Portal上でもライセンスを割り当てることが可能です。グループベースのライセンスを割り当てる際はMicrosoft Azure Portalのみで割り当てることができます。

 

Microsoft365管理センターでMicrosoft Teamsを有効にする

Microsoft365管理センターにログインし、「設定」->「組織設定」を選択します。

サービスの中からMicrosoft Teamsを選択します。

Microsoft Teamsの「次のライセンスが割り当てられたユーザーに対してTeamsを有効にする」の対象のサブスクリプションライセンスの区分のチェックボックスにチェックを入れ、設定を保存します。この設定は、組織全体で Teams の利用を許可またはブロックするための設定となります。​

Teamsを有効にする対象の判別はTeamsのサービスを持つサブスクリプションライセンスに依存します。

組織の区分 ライセンス
中小および大企業 Office365、Microsoft365のEシリーズなど
教育機関 – 学生 学生用のOffice365、Microsoft365
教育機関 – 教職員 教職員用のOffice365、Microsoft365

 

Teamsを有効にしない場合

Teams の利用をユーザー毎に制御する場合にはライセンスのTeamsのサービスを無効にする必要があり、テナントで制限する場合、Microsoft365 管理センターの組織設定で制限すること可能です。​

例として、学生にTeamsを利用させたくない場合、以下のいずれかの設定をすることでTeamsの利用を制限できます。​

  • 学生のユーザーに割り当てられているライセンスのTeamsを無効にする
  • Microsoft365 管理センターの教育機関 – 学生のチェックを外す

Teamsのサービスがユーザー毎に割り当てられていて無効にするオペレーションが大変な場合、Microsoft365管理センターでのチェック一つの操作で学生用のサブスクリプションが割り当てられているユーザーのTeamsの利用を制御することができます。





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*